ブラックジャック カード

シンプルな ブラックジャック ルール

ブラックジャックは、シンプルなルールでギャンブル初心者でも長年ギャンブルを楽しんでいるギャンブラーたちからも、もちろんモンカジでも大人気のカジノゲームです。ブラックジャックは運の要素が強く感じますが、ある程度の経験と必勝法などを利用して適切な判断を下すことで、勝率はアップすると言われており、カジノゲームの中でも還元率(ペイアウト率・RTP)が高いブラックジャックは、その他数あるカジノゲームに比べても勝ちやすいとも言われています。

ブラックジャック ルールは意外とシンプルで、勝負はディーラーとプレイヤー間で行われ、ジョーカーを除く52枚のトランプを使用し、配られたトランプ(カード)の合計点数をディーラーの持ち手よりも21もしくは21により近づけることで勝利、配当が発生します。

ここに登録


各テーブルにはマックスベット(最大可能賭け金額)とミニマムベット(最小可能賭け金額)があるので自分の資金に合ったテーブル選びの際は、ここを特にチェックすると探し易いかもしれません。

ブラックジャック ルール カードの数え方

10・ジャック(J)・クイーン(Q)・キング(K)の絵札トランプは、全て10としてカウントし、2・3・4・5・6・7・8・9のトランプは表示されている数字の通りカウントし、エース(A)は1としても11としてもプレイヤーに有利になるようにどちらか好きな方を選んでカウントすることができます。

ブラックジャック ルール カンニングペーパー

ブラックジャック ルール 勝敗

配られたカードの合計が21を越さないように、より21に近付けた方が勝利で、21を超えてしまうと負け確定となり、これをバーストといいます。ディーラーもプレイヤーも両方ともバーストした場合は、自動的にディーラー勝利となります。

勝利するとそれぞれ配当が付き、ディーラーとプレイヤーの手札が同じ数だった場合は引き分けでベット額が払い戻され、ディーラーが勝利となるとベット額が全部没収されます。

ディーラーの手札のカード合計が21以上の時は、そのテーブルにいる参加者全員が勝利となり配当がもらえます。

トランプが最初に配られた時点で、2枚のうち1枚が10・J・Q・Kのうちのどれかで、もう1枚がエースという組み合わせでプレイヤーが21を出した時のことをナチュラル21またはナチュラルブラックジャックと言い、ベット額の2.5倍の勝利金(配当分はベット額の1.5倍)獲得です。(ディーラーが21でなかった場合のみ)

ブラックジャックではなく、プレイヤーの手札合計がディーラーよりも21により近い時の勝利は、ベット額1倍の配当がもらえます。

ブラックジャック カード カウント

ブラックジャック ルール ヒット・スタンド・ダブルダウン・スプリット

ヒットとは、手元のカード(ハンド)に追加でさらにもう1枚カードを引くことで、スタンドとはカードの追加をストップし現在手元にあるカード(ハンド)のみで勝負をすることで、ダブルダウンはベット額をさらに倍にして3枚目のカードを追加すること、スプリットは最初に配られた2枚のカードが同じ数字の時に手札を2つに分割し、それぞれのハンドに対してカードを追加することです。

ディーラーにのみ適用されるブラックジャック ルール

ディーラーは自分のハンドの合計が17以上になるまでは必ずヒットするのが決まりで、合計が17以上になった時点で、必ずスタンドする必要があるという決まりがあります。またディーラーに配られた最初の2枚のカードのうち1枚は表向き(アップカード)にしてプレイヤー全員に必ず見せる必要があります。

ブラックジャック ルール サレンダー

最初に配られたカード2枚ですでにプレイヤー自らが負けを認めることをサレンダーと言いサレンダーをするとベット額の半額分が払い戻されます。

ブラックジャック ルール インシュランス

ディーラーに配られたカードの1枚目のアップカードとしてエースが出た時、ディーラーがそこでブラックジャックになるかどうか、最初に賭けに使ったベット額の半額分で賭けることをインシュランスと言い、まさにディーラーがブラックジャックを出し予想的中となるとインシュランスに賭けた額の2倍分の配当がもらえます。この状況でプレイヤーもブラックジャックが出ない限りは基本のゲームでは負けですが、インシュランスでかけてた場合は、最初のベット額分は負けとして没収されますが、インシュランスの分の配当はもらえます。

インシュランスをしてディーラーにブラックジャックが出なかった時は、インシュランスに賭けた分は負けとなり没収されます。

基本戦略であるベーシックストラテジーは、ストラテジーチャートを使って進めます。最初に配られるカード2枚の合計とディーラーのアップカードによって、ヒット・スタンド・ダブルダウン・サレンダー・スプリット、どれを選択するか記されたものをストラテジーチャートといい、ストラテジーチャートに記載されているアルファベットの意味は、Hがカードを1枚引くヒット、Sがカードを引かず現状のカードのみで勝負するスタンド、Dは賭け金額を倍にしてカードを1枚引くダブルダウン、Rは賭け金額の半分を払ってゲームを止めるサレンダー、Pは配られたカード2枚が同じカードだった場合、2つに分割してゲームを行うスプリットとなっています。

縦列はプレイヤーのハンド、横列はディーラーのハンドで、その2つが交わる部分を選択していきます。

ブラックジャック カードカウンティング ルール

その名の通りカードをカウントしていくのがカウンティングで、確率や統計を用いて進めていきます。テーブル上に出たすべてのカードを1枚ずつ記憶していき、今後出てくると思われるカードを予測していきます。これは、シューに残っているカードを予測して、その後に配られるカードが予測できるいうものです。

カウンティングで集計していく結果、シューに10としてカウントされるカードが多く残っていると思われる場合は、合計で21が出るチャンスが増えるのでプレイヤーには有利に働くようになります。あくまで確率ですが、ディーラー限定のルール・決まりでディーラーの手札が合計16以下の場合は必ずカードを引かなければならないので、ディーラーがバーストしやすいというのは、プレイヤーにとって大変有利であるという点からです。

負けたら直前のゲームのベット額を2倍にしていき、負けが続いたら引き続きどんどん直前のベット額を2倍にし続け、勝ったらまた最初のベット額に戻し、負けたらまた同じようにベット額を2倍にしていく方法です。負けが続けば続くほどベットに必要な金額が増えていくのである程度の資金がないとうまく使えないのと、ブラックジャックのテーブルには1回あたりの最高賭け可能金額が決まっているので、結果的に必ず勝利できるという保証がないのがデメリットかもしれません。

トランプを使ったブラックジャック ルール

トランプを使って楽しめるカジノゲームのひとつがブラックジャックは基本トランプ52枚(1セット)を使いますが、オンカジでは2セットから5セットを使用するマルチハンドと呼ばれるタイプものも楽しまれています。

日本人に馴染みのあるトランプを使ったゲームなので、始めやすいため初心者でもすぐに楽しむことができます。たとえゲーム好きでなくても知っている人が多い認知度の高いトランプゲーム、世界共通のルールで楽しめるので、留学なんかをされた方は異国の人たちと遊びでプレイするといいかもしれません。共通のルールで分かち合うことができ、言葉がそんなに話せなくても会話がなんだか弾んで、言語習得にも役立つこと間違いなしです。

参加したいテーブルをまず決めます。オンラインカジノにあるライブブラックジャックでは、ほぼ全部のテーブルが同じ基本的なブラックジャックのルールを利用しているので、自身のその時の資金に合ったミニマムベットとマックスベットで決めていくといいかもしれません。テーブルが決定したら、まずベット額を決めてその額に調整した数のチップをテーブルに置きます。ディーラーの1枚目のカードはアップカードとしてプレイヤーに見えるように表向きにディーラーによりカードが2枚配られます。ヒット・スタンド・ダブルダウン・スプリットといったプレイヤーのアクションが終わると、次にディーラーがアクション開始です。

ブラックジャック ルールでは、ディーラーの持ち手のカードが合計16以下の場合、ディーラーは必ずヒットをし続け17以上の場合は必ずスタンドするというのがディーラー特有のブラックジャックルールです。ディーラーがスタンドをした時点で全てのカードが開かれ、勝負決定します。プレイヤーのハンドの合計点数がディーラーよりも21に近いと勝利で配当がもらえます。

ディーラーの持ち手カードの合計点数が21以上になると、自動的にディーラーが負けとなりそのテーブルにいるプレイヤー全員が勝利です。

ブラックジャックルールは基本一緒ですが、いくつかの種類があります。オンラインカジノのなかでも、コンピューターと対戦するテーブルゲームというカテゴリー分けされているブラックジャックと、本物のディーラーと対戦できるライブブラックジャックとありますが、プレイ方法など多少変わるものの、基本的な部分は通常のブラックジャック ルール と一緒です。

【ブラックジャック・スイッチ】

他のブラックジャックに比べてプレイヤーの勝率が高く、人気が高いのがブラックジャック・スイッチです。ブラックジャック ルール は同じですが、基本的なブラックジャック ルール と違う点は、プレイヤーが2つのハンドでプレイできるという点です。それぞれのハンドにそれぞれベットする必要があるため、一回に必要な賭け金額も自動的に2倍になりますが、持っている2つのハンドの2枚目のカードを、自分の都合の良いように入れ替えることが可能なので、プレイヤーが勝つ確率が高いというのも頷けます。

【ブラックジャック・サレンダー】

最初に配られた自分の2枚の手札が不利な場合にサレンダーという降りるということが可能なのが、ブラックジャック・サレンダーです。サレンダーをすると賭け金額の半分が戻るのでディーラーのハンドが強くプレイヤーのハンドが弱い時に利用すればリスクヘッジとなります。

【パーフェクト・ブラックジャック】

通常のブラックジャック ルール と全く同じですが、配られたカードがペア(同じ数字・同じ色)になるかどうかを、元々プレイをしているブラックジャックのゲーム以外のベットとして賭けることができます。数字だけがペアの場合配当は6倍となり、数字と色の両方がペアの場合配当は12倍となり、全く同じカードのペアがでた場合配当は25倍となり、配当倍率がかなり高く設定されています。

【プログレッシブ・ブラックジャック】

ジャックポットが付いているスロットは有名ですが、ブラックジャックにもジャックポットがあるのをご存知でしょうか。基本的な部分は通常のブラックジャックルールと一緒ですが、条件が揃うことで巨額の配当がもらえるジャックポット付きブラックジャックは存在します。これはスロットのジャックポットと同じシステムでジャックポット機能を持つブラックジャックでプレイするプレイヤーの賭け金額が積み重なっていき、条件が揃った人に当たります。プログレッシブブラックジャックでは最初に配られたカードがエース(A)であること、通常のベットとは別にこのジャックポット専用のベットを行うというのが最低条件です。最初に配られたカードの中にエース(A)が見事に出て、その後のカードによりジャックポットの配当が大きく変動します。エース(A)以外のカードがでた場合は配当は5倍となり、柄の違うエース(A)が出た場合の配当は50倍となり、同じ柄のエース(A)が出た場合には配当は100倍となり、同じ柄のエース(A)が続けて2枚出た場合には配当は5000倍となるためかなりの高配当を手に入れるチャンスがあります。世界中のプレイヤーが遊べば遊ぶほど増えていくのがジャックポットなので、日によってジャックポットの金額が増えていき、賞金額は画面プログレッシブジャックポットのメーターというものが通常あり、そこから確認ができます。